インターネット利用者数の変化

みなさんスマホはお持ちですか?毎日のように何かしらでインターネットを利用している人は多いのではないでしょうか。

総務省のまとめている「平成26年 通信利用者動向調査」では2015年時点でのインターネット利用者は1億人を超え、人口あたりの普及率は82.8%にも及びます。

みなさんの予想以上の数字ではないでしょうか。

その中でスマホからインターネットを利用している人の割合は71%とも言われています。

今やインターネットを利用する場合にはほとんど方がパソコンを開かず気軽に出来るスマホからアクセスしていることがわかります。

ではインターネットで何をしている人が多いと思いますか?

多いのはやはり情報の検索やニュース、動画を見るなどがトップを占めそれに続くのがLINEに代表されるSNS、そしてインターネットショッピングを利用する方も多いです。

これからの生活にインターネットは無くてはならないツールであり、これからも市場は増えていくのは間違いないです。

インターネットを利用したビジネスに利用していないと損益を招いていると言ってもおかしくはないと思います。

大企業ですと自社ホームページの保有割合はほぼ100%となっていますが、中規模企業で約8割、小規模企業ではまだ5割程度となっています。

ホームページで自社の情報やイベントを伝えることにより増収・増益が見込めるのにそのチャンスを逃している企業も少なくありません。

昔と違い今はホームページは制作だけをお願いして記事の追加や更新は自社で行うことが主流となっており、毎月かかる経費はサーバー代などのほんの何千円かの範囲なのです。

「ホームページは費用がかかる」と言う固定概念が捨ててしまってください。制作にも何十万もかける必要もなく中小企業でも気軽に保有できる時代なのです。

是非多くのビジネスチャンスを持つインターネットを活用し、売上増収につなげてみてはいかがでしょうか。

THO.net